HOME>トピックス>社会人として失礼がないように内祝いを出します

内祝いは半返しが基本

内祝い

結婚祝いを頂いた場合、お返しをするときには半返しが基本となります。今ではインターネットで簡単にどれくらいの金額の品をお祝いに頂いたのかを簡単に検索することが出来る便利な時代になりました。結婚の時期にはいろいろな方からお祝いをいただくことが多いので、誰から何を頂いたのかわかるよう、きちんと黒くにとっておくと後々便利です。何を頂いたのかわかっていれば、お返しを選ぶときにも選びやすくなり、贈り物をするときの金額の基準がわかります。面倒なことではありますが、記録は後々役に立つのです。

時期は挙式後1ヶ月以内を目処に

結婚を機に頂いたもののお返しをする時期は、挙式後1ヶ月以内を目処にするようにしたいものです。結婚式後というのは新しい生活が始まり、何かとバタバタして忘れがちですが、社会人として失礼がないように結婚祝いを頂いた方には、お礼状とお返しをすることが大切です。結婚祝いのお返しは内祝いといいます。結婚式をしない場合でも、お祝いを頂いた場合にはきちんとお返しをすることがマナーです。近所の場合には、自宅まで夫婦でお伺いしてお返しを手渡しすることがマナーですが、遠方の方の場合にはお礼状を添えれば郵送でも構いません。

広告募集中